掃除の画像

あっという間に一年も終わり、年末の時期がやってまいりました!年末といえばあのビッグイベントがありますよね。それは大掃除です!気持ちよく新年を迎える準備をするために、大掃除はもちろん、不要なものを断捨離するチャンスでもあります!でも、モノを捨てるのはもったいない・・・。そんなとき、買取を利用するのがオススメ。自分にとっていらないものでも買取ってもらえたら、お小遣いになるし、まさにお年玉がゲットできちゃいます♪今回は、そんな買取について紹介していきます!

念のため捨てずに置いておこう!は危険×!

大掃除の画像

「今は使わないけど、いつか使うかもしれない」そう思って物置の奥にたくさん眠っているモノはありませんか?物は買う時よりも手放す時の方が勇気がいるものです。だからこそ、本当に必要なものなのかどうかの見極めが重要。私は、「今必要なのか?」という事だけを考えて断捨離するようにしています。なぜかというと、誰しも「いつかは必要になる」と思って捨てられない物でも、結局この1年で使った物はありますか?無いのがほとんどかと思います。1年で使わなかったものは、今後また利用する時期は来ないと思います。プレゼントや思い出の品は、自分にとってとても価値のあるもの。それらを大切に保管しておくのは良いことです。でも、単なる“余分なもの”に関しては、保管ではなく、あなたにとって“必要ではないもの”なんですよ。一応置いておこう、という考え方は変えて、今必要なのがどうかをきちんと判断して、思い切って手放してみることをおすすめします!

買取に出したほうがいいもの

さて、自分にとって必要な物かそうでない物を見分けた後、そのまま捨ててはもったいないものもあるんです。買取が出来ない物の例は、細かな小物類です。安く手に入るもので、何個も同じ機能があるペンなどの小物は捨てずにお家に貯めてしまいがちです。私は、同じ機能のもつ小物(ペン、電卓、オマケ商品など)は処分して、ひとつだけ残すようにを処理しました。逆に、買取に出した方がいい物もあります。私が断捨離したときに売った物リストをいくつかご紹介します!当てはまるものをお持ちの方は、どんどん買取ってもらっちゃいましょう!

読んだ本

自分にとって大切な本は、もちろん残しておくといいと思います。でも、新しい本を買った後、一度読んだだけで、そのあと捨てられずに本棚が散乱していることはありませんか?本棚を整理する為にも、古い本は買取ってもらうことをおすすめします!1度も見返したことのない本は、今後も読まない可能性の方が高いと思いませんか?捨てるより、また誰かに読んでもらえるという良いサイクルにもなるので、自分と本にとってもメリットばかりですよ。私は「1冊新しい本を買ったら、古い1冊を捨てる」という風に、自分なりのルールを決めて買うようにしています!

古い家具&インテリア

ソファやテーブルなど、大掃除を機会に模様替えをする方も多いのではないでしょうか。私は結婚を機に、以前一人暮らしの時に使っていた小さなテーブルと、1人掛けのソファ、タンスが要らなくなったので、粗大ゴミに出そうとしてました。ゴミを捨てるのにもお金がかかるなんて!という不満がいっぱいでしたが、そんな時、友人から買取りに出すことを勧められたんです。買取屋さんに聞くと、キズがあるものでも買取できる物もあるみたいでした。不要な家具やインテリア雑貨は、捨てる前に一度査定に出すことをオススメします!

使っていない調理器具

キッチンは毎日使用するもの。だからこそ、使う物と使っていない物の見分けは付きやすいです。結婚式の引き出物や、景品などでもらった調理器具やお皿などが眠ってはいませんか?「せっかくだから置いておこう」という気持ちは厳禁。それがだんだん物を貯め込んでしまう原因なんですよ!また調理器具は古いものだと買取ってもらえない場合もあるので、この1年で使わなかったものは、すばやく買取に出してしまいましょう!私はなぜか手軽に揚げ物ができるフライヤーを買ったんですが、一度も使わずに売りました(笑)

着なくなった服

まだ着るかも。とついつい捨てられないのが洋服ですよね。いつか着ると思って保管している方も多いのでは?私も実際、コートやブーツは捨てられずに、いつか流行ると信じてずっと保管していました。でも思い返すと、3年間も着ていない服がたくさんあることに気付いたんです。しかも、洋服の趣味が若干変わっているので、今みるとそんなに魅力的じゃない!と思うこともありました(笑)思い切って今年着なかった服をまとめて売ったんですが、クローゼットがすっきりしてコーディネートもしやすくなりました!!服は”まとめて思い切り”が大事だと思います!

昔の趣味だった楽器

小さい頃からピアノをしていたり、学生時代に軽音楽部に入っていた事もあり、キーボードやアンプを押し入れに放置していました。使わないと分かってはいても、思い出が詰まっているのでそう簡単に捨てられないものです。でも、自分が使わなくても、それを使いたい人がいるならその人に使って欲しい!と思ったんです。友人にも譲る人はいなかったので、買取を利用することにしました!思い出の品も、新たに愛用してくれる人がいるなら、気持ちよく売れるのが買取の良いところだと思います。使わない楽器類は、次の利用者に回してあげましょう!

スポンサードリンク

ジャンル別!おすすめの買取会社をピックアップ

これまで断捨離をするためにあらゆる買取会社を利用してきました。そこで学んだことは、“売りたい商品ジャンルを強みとする買取会社を選ぶ“ということです。買取会社によって、買取を強化している商品はそれぞれ違います。価値があるものでも、その商品を見極める力のない会社だと、買取価格が低くなってしまうこともあるかもしれません。そこで、私が利用した、オススメ買取会社を紹介します!

本の買取なら本買取アローズがオススメ!

本買取アローズの画像

本を売るなら断然本買取アローズをオススメします!料理本と文庫本を売りました。なんといっても簡単な買取方法が魅力的。ネットから簡単に注文、自宅に梱包キットが届くので、それに不要な本を入れるだけ。自宅まで集荷に来てくれるので、思い本を持ち運ばなくてOK。査定まで全て無料、キャンセルした場合も無料になるので安心です。他社でも似たようなサービスはあると思いますが、私が一番重要だと思っていた買取金額が、他社に比べて1000円程高かったです。同じ商品を売るなら少しでも高く買取ってもらいたいですよね。査定に出してみる価値はアリです!

家具&インテリアの買取はトレジャーファクトリーで!

トレジャーファクトリーの画像

家具の買取でオススメなのがトレジャーファクトリーです。ネットから調べて口コミが良かったので利用してみました。持込・宅配・出張の買取サービスが全て手数料無料となっています。車も持っていないし1人でソファとテーブル、タンスを運ぶのはキツイなと思ってましたが、出張買取でラクラク買取ってもらえましたよ!ブランド家具じゃなくても買取ってもらえたので、比較的対象商品は幅広いと思います!買取実績も多いので信頼できました。

調理器具の買取は買取のたくみやを使おう!

買取のたくみやの画像

調理器具を売るには買取のたくみやの、郵送買取がオススメです!こちらの会社の強みは、ブランド調理器具だけでなくても良いという点です。私が売ったのはタイガーの電気フライヤーだったので、単体でも買取ってもらえました。お鍋やまな板などの小物だと、単体では買取ってもらえない場合もあるようなので、ご注意を。また、電気製品などは使用年数が経ちすぎると買取ってもらえない場合もあるので、使わないと思ったものはすぐに売った方がいいですよ!

洋服・アクセサリーの買取ならセカンドストリート!

セカンドストリートの画像

セカンドストリートは店舗数も多く、町でよく目にしますよね。私もよく行くお店です!今回は長年着ずに放置していたコート、ブーツの他セーター・トレーナーなどまとめて20着程売りました。水着や制服は買取出来ないですが、その他の服だったらほとんど買取してもらえますよ!ファストファッションブランドの洋服でも10円付いたのでびっくり!着る服の季節と同じ時期に売ると高く売れるのがポイントです!冬物は秋に、夏物は春に、まとめて売ることをおすすめします!

楽器買取は鍵盤楽器買取TOWNに決まり!

鍵盤楽器買取TOWNの画像

キーボードやアンプの買取には一番迷いました。リサイクルショップに持っていった時は、ほとんど値段をつけてもらえずガッカリしていたんです。とりあえずネットで調べて楽器専門の買取会社を探したところ、鍵盤楽器買取TOWNを発見。古くて錆びているものでも買取してもらえ、リサイクルショップと比べても合計約8000円も高かったです!!キーボードは需要が高く、状態も良かったからみたいです!楽器を売るには、絶対!楽器専門の買取会社に売るべきですよ!出張買取だったら持ち運ばなくでいいし、手数料無料なので、楽器買取にお悩みの方は一度試してみてください!

< 鍵盤楽器買取TOWN 公式サイト >

最後に

男性の画像

いかがだったでしょうか!効率よく断捨離するには、賢く買取を利用するのも悪くはありません!必要でない物でも、捨てるのにはどうしても気が引けてしまいますが、売るんだったら気持ちもラクになりませんか?要らない物を整理することで、なぜか気持ちにも余裕が生まれるのが断捨離の良いところですよね。なかなか捨てられずに、”もったいない症候群”になってしまっている方は、是非私の買取談を参考にしてみてください!賢く断捨離をして、スッキリ気持ちよく新年を迎えましょう!

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。