vscoの画像

今インスタグラムが大流行!
フォトジェニックなスポットを巡って、おしゃれに写真を加工してインスタグラムをアップしたい。
そんなミーハー心って誰でも持っていると思うんです。
でもなかなかあの子みたいにうまく加工できない、何が違うんだろう。そう思うことってありませんか?
実はインスタグラムをお洒落に魅せるためのコツってやっぱりあるんです。
良いカメラを買うだけじゃできない、加工のコツや見せ方のコツを伝授したいと思います♪

全体的な統一感はマスト

オシャレなインスタグラムのページを作るうえで私が一番大事だと思うことが、全体的な統一感を出すことです。
統一感ってどういうことかというと、自分の投稿した写真が並んでいるページの色味や明るさが揃っていて雰囲気が統一されていることを言います。
一枚一枚こだわりぬいてオシャレに加工したいという気持ちはわかりますが、ある程度雰囲気を揃えた上で加工していくのがベターだと思います。
特に揃えたいのが明るさと色味です。
ここで加工なんてそんなにわからないという人がほとんどだと思うので、とっても便利なフィルター機能を紹介します。
フィルターは多くの人が使っているのではないでしょうか。
インスタグラムの写真を投稿するときもフィルターを選ぶことができますよね。
あまり細かい加工についてわからない!という人はとりあえずこのフィルターを同じ種類に揃えてみましょう。
この写真にはこのフィルターというように使い分けるのもおもしろいですが、全体的な統一感に欠けてしまいます。
統一感を出すためにはまずフィルターを使いこなすこと。そして明るさやそのほかのちょっと編集で足ります。
ということでオススメの画像加工アプリとその使い方を紹介していこうと思います。

VSCOのすすめ

vscoの画像

加工系のアプリでオススメなのがVSCO。
使っている人、聞いたことがある人がほとんどなのではないでしょうか?
加工アプリの中でも人気が高く多くの人が使っているアプリだと思います。
そんな言い換えれば誰でも使っているアプリを私はお勧めします。
おすすめポイントとして、フィルターの種類が多いので、自分の好みに合ったものが見つかりやすい。シンプルなので使いやすい。どのフィルターでもとりあえずお洒落に見せることができる。ということを挙げます。
だいたいVSCO使っておけば半分くらいはお洒落インスタグラマーの仲間入りができると言っても良いのではないでしょうか?
それではここからVSCOを使ってどうやって加工していくのか詳しく見ていきましょう。

好みのフィルターを見つける

やっぱりおしゃれでも自分の好みの雰囲気じゃないと意味がありませんよね。
ということで自分の好みのフィルターを見つけましょう。
このフィルターは自分のインスタグラムの雰囲気を作り出す大事な要素なので、しっかり選びましょう。
選んだフィルターは自分のインスタグラムの画像に使います。
とりあえずフィルターはそろえることが統一感のあるインスタグラムをつくる最初のポイントです。

明るさの調節

明るさの調節は非常に大事です。
明るさは撮ったシーンによってどうしても左右されてしまいますよね。
例えば夜撮ったのと昼撮ったのでも違いますし、部屋の照明の感じでもだいぶ変わってきてしまいます。
この明るさの違いがバラバラだと全体的に統一感を出すのがどうしても難しくなってくるので、揃えるように意識してみてください。
こちらはフィルターとは違って他の画像とのバランスを自分で考えながら編集しなければならないので
少し難しくなりますが、何度も調節していくうちに慣れてくると思います♪
こだわる人はスクリーンショットを撮って投稿する前にアルバムに並べて比較してから載せるのが良いと思います。
横に写真を並べると、明るさが揃っているのかよくわかりますよ。

色温度の調節

これは明るさの調節に似ていますが、青みがかった色から赤っぽい色など温度が調節できます。
部屋の照明や雰囲気によって色温度が変わってきます。
統一感のあるインスタグラムを作るならこの色温度の調節は非常に大事!
色温度を調節してそろえるようにしてみましょう。
明るさだけで揃えられなかった部分が揃ってくるようになります。

スポンサードリンク

その他

VSCOにはその他にもいろいろな調整機能があります。
フェードをかけたり、彩度を鮮やかにしたり、自分なりにお気に入りの加工を見つけてみて下さい。
また傾き加減や画像の大きさなんかも編集できるので、ちょっと歪んでいると思ったり
余白が広すぎると思ったらそういった調整をするのもいいですね。
一つ一つの画像が綺麗だと、全体的な見栄えもよくなります。

Light room

lightroomの画像

このアプリは特に明るさの調整機能が充実したアプリです。
VSCOの明るさ調整よりも一歩踏み込んだ調整がしたいという人はこちらのアプリがおすすめ!
やっぱり明るさは大事なのでここにこだわりを見せたい人はぜひこちらのアプリを。
はじめは無料で使うことができますよ♪

Snapseed

snapseedの画像

こちらはVSCOよりもより細かく調整ができるイメージのアプリです。
明るさだけならLight roomのほうが機能が豊富ですが、こちらは無料で使える上に明るさ以外も細部まで設定できるので
無料で細かい修正をしたい方はぜひダウンロードしてみてください。
特におすすめなのが部分補正機能。
Light roomでは部分補正を使うのにお金がかかってしまうのでぜひこちらのアプリを。

撮影にもこだわりを

しっかりとフィルターや明るさの調整ができるアプリを紹介してきました。
これで撮った後の処理は完璧ですが、撮影するときにももう一味加えてみましょう。
特に自撮りをするとき、風景を撮る時、食べ物を撮る時など
シチュエーションごとにカメラアプリを使い分けることをおすすめします。

Pitu

pituの画像

これは自撮りをするときにおすすめのアプリ。
snowやsnapchatなどの盛れるアプリが話題になっていますが、私はこちらをおすすめします!
しっかり美顔加工はしてくれるものの、やりすぎかなとか目が大きすぎるなとかそういうやり過ぎ感も
調整することができます。
カメラでここまで顔が変わる時代になってしまったんだと衝撃を受けます。(笑)
個人の好みに合わせて設定できるのが魅力ですね。

Foodie

フーディーの画像

こちらは食べ物を撮る時にオススメのアプリ。
フィルターをそろえる方は食べ物だけ違ったフィルターをかけるのが嫌だなと思うかもしれませんが
ナチュラルに食べ物を綺麗に見せてくれます。
食べ物はインスタグラムに必須のアイテムだと思いますのでダウンロードしておいて損はないと思います。

以上インスタグラムを綺麗に見せるための工夫をまとめてみました。
いろいろなアプリを使いながらオシャレなインスタグラムをつくりましょう♪
とにかく私がイチオシのアプリはVSCOですので、持っていない人はぜひダウンロードしてくださいね!

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。