みなさん、バチェラージャパンはご存知ですか?
今はやりの恋愛リアリティ番組で元々はアメリカで制作されたものの日本バージョンです。
つい最近シーズン2の放送が終わり、テレビCMやネットでも話題だったため、多くの人が知っているのではないでしょうか?
そんなバチェラージャパン、多くある恋愛番組の中でも個人的に群を抜いて面白いと思っています。
ということでバチェラージャパンのおもしろさの理由を私なりに考察してみました。
この記事を読んだらきっとあなたもバチェラージャパンが見たくなること間違いなし!

バチェラージャパンとは?

バチェラージャパンとはAmazonプライムで放送されている恋愛リアリティ番組。

バチェラーと呼ばれるルックス、学歴などなにをとってもハイレベルな男性一人を総勢25名の女性で奪い合います。
バチェラーと女性陣はデートを繰り返しつつ約二か月にわたる旅を行い、その都度行われる「ローズセレモニー」でバラをもらえた女性が次のステージに進めるというものです。
最後の一人に選ばれた方はバチェラーと結婚できるというハッピーエンドが待っています。
いかにも過酷そうなこの番組。
そのおもしろさはどこにあるのでしょうか。

女たちのリアルなバトル

男性一人に対してはじめは25名いる女性陣。
それはもうバチバチのバトルが繰り広げられます。

バトルの画像

女同士って一番怖い。特に男性関係が絡むと余計に…。
そのバトルのシーンがかなりリアルに描かれていて、みんなが本気だからこそかなり悲惨な場面も。
しかし見ている側としては癖になります。
もっとやれ!あの子実は性格悪いよ!と言いたくなってしまいます。

バチェラーへのあこがれ

バチェラーは日本中から選ばれたたった一人の男性。
そのスペックはもちろん、女性へのエスコート、デート、人間性、番組を通じていろいろな魅力が見えてきます。

バチェラーの画像
女性ならもちろん、「私もバチェラーみたいな人と恋愛したい!」と思うこと間違いなしですが、男性からみてもかっこいいと思える人物ではないでしょうか。
回を追うごとにバチェラーの人物像もわかってきて、どんどん好きになってくるという人も多いです。
バチェラー見たさにこの番組を見る人も多いはず。
また人物ももちろんですが、その豪華なデートにも注目。

デートの画像

リムジンでのお迎え、絶好のロケーションでの食事など普通ならありえないようなデートがどんどんでてきます。
こんなデートできたらいいなと、ワクワク感が膨らむのもバチェラージャパンの魅力。

推しメンを応援したくなる

バチェラージャパンはどんどん女性が切り落とされていくシステム。
回を重ねるごとにそれぞれ「推しメン」の女性が出てくるでしょう。

スポンサードリンク

女性の画像
女性にもいろいろなタイプがあって、正統派から小悪魔的な子、とにかくかわいい子、頭脳派などそれぞれに魅力があります。
その推しメンが最後まで残ってバチェラーと結ばれてほしいいという、アイドルを応援するような、ある種のスポーツを見ているような勝負心を湧き立たせてくれます。
バチェラーだけでなく女性陣の人物像も魅力的で、そこにもおもしろさがあります。

恋愛テクニックが学べる

恋愛って人から教えてもらうことがありませんよね。
どうしたらモテるんだろう、好きな人に好きになってもらいたい、どんなテクニックがあるのかなど、恋愛に関して知りたいことは多いものの、実際に知る機会ってないですよね。
例えば恋愛指南書なんかは、一般論で書かれていいます。
しかしバチェラージャパンはリアルな恋愛を映像として映しているので、リアルにモテている人たちの恋愛模様を詳しく見ることができるんです。

恋愛の画像
デートでの振る舞い方、話す内容、周りから抜きんでるための行動力など、恋愛を学ぶという意味で、バチェラーはかなり最適なツールだと思います。
男性目線、女性目線どちらから見てもよくわかります。
自分に当てはめて考えたり、あの子のあの行動実際にやってみようなど、リアルに置き換えて考えるのもおもしろいですよ♪

涙なしでは見られない

バチェラージャパンのイメージってちょっと下品な番組ではありませんか?
確かに初めの方は、女性陣のバトル、ギラギラした世界観などに嫌気がさす人も多いと思います。
しかしバチェラージャパンの本当のおもしろさは、そこにあるのではなくクライマックスに近づくにつれて共感し、感動できるそんなところにあるんだと思います。


番組のシステム上、別れというものがつきもののバチェラージャパン。
毎週毎週やってくる別れに、どんどんと追いつかなくなってきます。
特にクライマックスに近づくにつれて、本当に好きになった相手、結婚を考えた相手との別れが待っているんです。
また女性同士の別れも辛いものがあり、本気でバトルしたからこそいい戦友になったところで別れがきます。
その別れのシーンはやっぱり涙なしでは見れません。
推しメンができてくると、その子が選ばれなかったときはつらいですし、感情がどっぷり入ってしまいます。
また、綺麗な恋愛のイメージではないこの番組ですが、最後には本当に愛って素晴らしいなと気づかせてくれます。
恋愛って素晴らしものなんだ!と胸を打たれること間違いなしです。

これだからおもしろい、バチェラージャパン

以上バチェラージャパンの本当のおもしろさについて考察してみました。
ただのゲスイ恋愛番組ではなく、涙あり、刺激あり、美しさありの最高の恋愛番組。全体を通してとても中毒性が高い番組なんだなぁと思わされます。
一度見ると止まらない、最後までノンストップで見たくなるような番組、バチェラージャパン。これを機会にみなさんバチェラージャパンを観てみませんか?

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。