ジュースの画像

世界は広い。こう感じることは少なくないでしょう。
旅行にいってみて物理的な距離を感じたり、外国語を勉強していろいろなものに触れたり、インターネットを通じて世界を知ったり。
世界の広さを実感するチャンスはいたるところにあります。

その違いはこんなところにも存在するのかというほどあって、それは実際に肌で感じるのと、ただテレビやネットを通してみるのとでは全然違います。
個人的に、はじめて東南アジアにいった時に、そのライフスタイルやファッション、振る舞い方が全然違うことにびっくりしました。
テレビでは見たことがあるような風景なのに、実際その地に行ってみると全然違うんです。
今日はそんな世界は広いということを感じられるような記事を書いてみます。

1ドルでこんなものが買える

各国の違いに、生活水準…つまりお金の価値はもちろん含まれます。貧しい国もあれば裕福な国もありますよね。
そんな経済の違い、物価の違いを見るとおもしろいことがたくさん見えてきます。
1ドルでこんなものが買えるの、またその逆もしかりですがその差は意外に大きく、興味深いものがあります。
この国うらやましいと思ったり、厳しいなと思ったり。
物価の違いで世界の広さを感じてみてください。

日本で考えてみると

1ドルってその時の経済状況にもよりますがだいたい80円から110円くらいの価値でしょう。
日本だと何が買えるでしょうか。
食品だと水やちょっとしたお菓子が買えますね。

ジュースの画像

自動販売機の小さめのジュースは買えても、コンビニのジュースは買えないかも?
そんな感覚ですね。
他には文房具だと消しゴムやボールペン一本など、それくらいでしょうか。
日本の1ドルの感覚はこんなものです。

牛乳とパン

1リットルの牛乳とパンひとかけらそれぞれ1ドルで買える国があります。
それがクロアチア。

二人で1ドルずつ出し合えば軽く朝食が食べられそうな感覚。
大きな衝撃はありませんが、日本よりもちょっと物価が低いかなという印象。
日本だったら1リットルの牛乳は200円前後してしまいますね。

缶コーラ3本

缶コーラを3本買える国はウクライナです。

コーラの画像

日本だったら1本しか買えないコーラが3本も!
これはうらやましいです。
ウクライナはヨーロッパにある国ですが、全体的に物価が安いことで有名です。
これ以外にもカプチーノ1杯は1ドルでおつりが来ることも…。日本だとコンビニの安いのを買っても150円はかかりますからね。
なんともうらやましい!

玉ねぎ2個

南アフリカの中でも美しいビーチが楽しめることで有名なアルジェリアは玉ねぎが2個買えます。
アルジェリアの画像

交通費も安く、バスも1ドルでおつりがくるほど。
びっくりするのが、レストランに行っても一人2ドルほどで済むそうです。
日本だったらありえないですよね。
交通費も食費も安いほどうらやましいことはありません。

スポンサードリンク

ワイン1杯

南アフリカはワインが安いことで有名です。

ワインの画像

日本ならグラス1杯1ドルで飲めるお店はまずないでしょう。
安くても400円くらいが限界な気がします。
1ドルで何百円もの差があれば、普段のライフスタイルは全然違っているんでしょうね!

30~45分のフットマッサージ

えぇ!?と驚くようなこの価格。
日本でも有名なリゾート地、フィリピンのセブ島では1ドルで30分以上のフットマッサージができるんです!

フットマッサージの画像

リゾートといったらスパのイメージがありますが、こんなにも安いなら何回でもやっちゃいますよね。
私もセブ島でフットマッサージをしたことがありますが、雰囲気も良くて、ただただ安っぽい感じでもありません。満足のいくフットマッサージがかなり安価で受けられます。
日本だったら3000円前後するフットマッサージ…これは本当にびっくりですね。

タバコ二本

タバコが2本しか買えない国がシンガポール。
タバコの画像

シンガポールは全体的に物価が高いことで有名です。
残念ながら1ドルではバスに乗れないということです。
日本も物価は高いほうなのでそこまで驚きはないですが、物価がかなり低い国からすると悲惨な状況なんでしょう。

ガソリン2リットル

いかにもな例えですが、ガソリン2リットルが買えるのがドバイ。
ガソリンの画像

資源が豊富なドバイは原油が安い!これに準じてバス代もなども安くなっています。
日本は石油が出ないので、その点とてもうらやましい話ですね。
物価の違いももちろんありますが、こういった資源の違いなんかも土地によって全く違います。

買えるものはない!?

買えるものはなにもないというのがカナダ。

カナダの画像

カナダは物価が高く1ドルで買えるものは何もないと言います。
日本よりも物価が高い国も世界には存在しますよ。
なにもないとなるとちょっと悲しいですね。

物価の違いが世界を表す

1ドルで買えるものの違いから世界の広さを感じることができたでしょうか。
日本からするとありえないようなものも世界では通用します。
実際に旅行などで体感してみるとよりリアルにその違いを感じられるのではないでしょうか?
世界は広くていろいろあるからおもしろいですね。
またいろいろな面で違いがあると思いますので、おもしろいものがあればシェアしていきたいと思います!

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。