焼肉の画像

こんにちは。
お隣の国韓国、音楽からグルメ、メイクなど日本でもいろいろな文化が浸透してきています。
お隣の国ということで旅行なんかも行きやすく、韓国大好き!という人も多いでしょう。
似通ったところも多いですが、やっぱり韓国といえど外国です。
実際には日本と全然違った文化や習慣がもあるはず。
今日は一見近い、似ていると思われがちな韓国ですが日本と違うところや新たな魅力を発掘していきたいと思います。

食文化

カフェやチーズタッカルビなど韓国グルメは日本に浸透しつつあります。
ちょこちょこ韓国の食べ物は日本でも食べられますが、やっぱり本場の食文化は日本とは違うようです。

韓国の夜の楽しみ方

韓国人はお酒が大好きといわれていて、日本に比べて夜が長い国です。
お酒の飲み方、食事の方法もやっぱり日本とは違います。

とりあえず焼肉から

とにかく韓国の夜は焼肉からはじまります。
サムギョプサルなんかは日本でも浸透していますが、とにかく韓国人は焼肉が大好き。

焼肉の画像

日本で焼肉というと牛肉をイメージしますが、韓国はちょっと違います。
韓国では牛肉を食べるにしてもカルビがメイン!また豚肉もかなり有名でモクサルといいます。またチヂミもソウルフードなので、焼肉と一緒にチヂミを食べます。
合わせるお酒はもちろんマッコリ!
日本でも焼肉は人気がありますが、韓国ほど主流ではないですよね。
またとりあえず生で!という言葉があるように、日本ではまず生ビールを始めに飲む文化があります。
たまに韓国料理を食べるとマッコリも飲むけれど、そのあたりはやっぱり違いが出ます。

マッコリからのソジュ

マッコリを飲んで終わらないのが韓国人。
飲み終わるとソジュに移ります。

ソジュの画像

ソジュは日本でいう焼酎。
韓国ではかなり主流なお酒です。
これを割ったりせずそのまま飲むのだからやっぱりお酒に強い国という感じがしますね♪

屋台でトッポギ

韓国の夜の街は眠らないです!
日本も飲み屋なんかは朝まで営業しているところもありますが、韓国では屋台やショッピングスポットも深夜営業しているんですよ。
いい感じに酔ってきたら屋台でトッポギを食べます。

トッポギの画像

今だからなじみ深いトッポギもやっぱり韓国の食べ物。
日本の路上で売られていることはまずないですよね。
また韓国は屋台が多く、豚まんやふな焼き(たい焼き)も多いんですよ。

トマトって…

ちょっと違った角度から食文化をみてみましょう。
日本でトマトといったら野菜。
しかし韓国ではトマトはフルーツという考えが一般的なんです。

トマトの画像

スポンサードリンク

フルーツなので砂糖をかけて食べたり、ケーキに乗せてあったりします。
これはびっくりですね。
日本人がみるとちょっと気持ち悪いような違和感を覚えます。(笑)

ラーメンを蓋で食べる

韓国ではカップラーメンを蓋を器のようにして食べる文化があります。
蓋の画像

私がこれを始めてみたのは、韓国のアイドルがインスタグラムに乗せていた動画です。
ユニークでおもしろい食べ方をするんだなと思っていたら、向こうでは当たり前のようなんです!
また鍋でつくったラーメンは、鍋の蓋を皿のようにしてそのまま食べちゃいます。
日本だと考えられないですよね。

何気ないライフスタイル

韓国に行ってみて感じるライフスタイルの違いってあると思います。
なんとなく言葉の違いとか、恋愛の違いとかはわかるものの、日常の違いって体感しないとわからないですよね?

ファーストフード店にて

ロッテリアやマクドナルドなど日本と変わらないファーストフード店が連なっています。
ここに違いはないように思われますが、実はおもしろいことがあります。

マクドの画像

実は韓国のファーストフード店では、飲み物のお替りをすることができるんです。
日本では聞いたことがないですよね?
飲んでいた容器をレジまで持っていき、お替りくださいと言えばすんなりいれてくれるそうです。

ひとりごはん

日本ではよく見かける一人ごはん。
カフェやランチならほとんどの人が一人ごはんを経験したことがあるのではないでしょうか?
しかし実は韓国に一人ごはんの文化はありません。
食事をするときは誰かと一緒にというのが当たり前!

手土産の定番

友人の家に手土産を持っていく文化は日本にも韓国にもあります。
日本だとお菓子なんかが多いのではないでしょうか?
しかし韓国の手土産の主流はなんとトイレットペーパー!日本では考えられませんよね!

トイレットペーパーの画像

これが文化の違いなんです。トイレットペーパーは喜ばれる贈り物らしいです。
旅行ではなく韓国で生活してみるともっと異文化に触れられそうですね。

八方美人は誉め言葉

日本で八方美人というと何となく悪いイメージを抱きがちです。
しかい韓国では誉め言葉。
どこにでも愛想を振りまくことができる人という認識があるそうです。
確かに捉え方によっては八方美人っていい言葉ですよね。
こういう言葉の捉え方ひとつにしても国民性がでていておもしろいなと思います。

似ているようでやっぱり違う国 韓国

韓国と日本の違いを見てみて、やっぱり違う国なんだなとおもしろい気持ちになりました。
近い国と言われているからこそ、こういう違いを発見するとおもしろくなります。
みなさんも韓国にいく機会があれば、日本との違いを積極的に探してみて下さい♪

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。