合格の画像

こんにちは。
本日はみなさんが大嫌いな勉強についての記事を書きたいと思います。
私も勉強が好き!というわけではないのですが、大学受験で必死に1年間勉強するという経験をし、さらに今も現役で難関資格取得のため毎日勉強し続ける生活です。
勉強っていやだ~、なかなかはかどらない、と思う人は気休め程度に見てみて下さい。
特に私が資格取得のための勉強をしているため、今回の記事は「自分の知識を増やすための積極的な勉強」というよりは、ゴールがあってある程度追い込まれた勉強(受験や資格など)を想定しています。

勉強の基本スタンス

まず、勉強ってなんのためにするかそれを自分のなかにすんなり落とし込めていますか?
今回の記事の前提としてゴールがある勉強について書いています。
受験や資格などそのゴールは様々ですが、その目標があるということをまず忘れてはいけません。
テスト勉強など嫌だなあと思う人、多いと思います。いや、テスト勉強が苦じゃない人はいないでしょう。なのに、そんな嫌なことをなぜ行うのか。

それは目標としている受験や資格合格を達成したいからですよね!
そこをまず勉強の基本スタンスとして、しっかり落とし込んでください。

勉強は受かるためにする

嫌な勉強を乗り越えて、達成したい目標があるからこそ勉強しているんだ。

合格の画像

テストに受からなければいけない、資格を取得しなければならない。
その基本スタンスがわかっていれば、モチベーション云々という前に、勉強しなければならないということを理解します。
現状モチベーションがあがらない、やる気がでない、これらを理由として勉強ができていないならば、まず基本に戻ってみましょう。
私は何で勉強しているんだろう。
本当に受からなくてもいいと思っているなら勉強はしなくてもいいですね。

目標があるから勉強をしているんです。
そう、私たちが勉強しているのは目標を達成するためであって、この勉強において最も大事なことは、勉強をする行為ではなく、ゴールに到達できる勉強をすることなんです。
そこをしっかりわかっておらず、ただ机に向かって何かを書いた、覚えたから勉強した気になるのは間違いです。
この基本スタンス、思い出してください!

勉強を得意とするコツ

基本スタンスが整っていて、やっぱり目標を達成しないといけない人は勉強をします。
そこで重要になるのが「合格するための勉強」ですね。
この合格するための勉強ができるように私が工夫しているコツのようなものを挙げてます。

計画に妥協はしない

勉強は計画が最も重要と言えるでしょう。

計画の画像

自分は頭が悪い、成績が劣っているそんな悩みを勉強している人のほとんどが抱えていると思います。
しかし自分の実力を一番理解しているのも自分です。本当に成績が悪いなら、どの程度努力が必要なのか、いつまでにどのレベルに達成しなければならないのか、それくらいはわかるはずです。
そしてゴールからまず逆算してざっくりと計画を立ててください。
そして週の予定から、1日の予定まで落とし込みます。

スポンサードリンク

ここを妥協してはいけません!
しっかりと計画を立てて実行することができれば、合格できる勉強ができること間違いなしです。自分のことは自分が一番わかっているので、自分のペースに合わせて計画を立てることが大切。
ここまでやれば合格できる、そこまでやってみましょう。

過去問を解くのみ

計画をしっかり立てることができたら半分合格だと思っています。(実行することが大事なので)
計画はその都度レベルに合わせて修正してくださいね。
そんな中具体的な勉強内容として、ゴールがある勉強については、私は過去問が最重要だと思っています。
一般的にどんな試験においても、そう言えるんです。

過去問の画像

例えば暗記系の科目で、私はまだ問題を解くレベルじゃないからしっかり教科書を読みこんで覚えてから問題を解こう、という人がいます。
私はその勉強の仕方はしません。

序盤からどんどん問題を解いて、その問題と解答をセットで覚えていきます。
もちろん並行して、教科書の落とし込みもします。
始める時期にもよりますが、最初に全部覚えてから過去問をやろうという人は試験に間に合いません。
問題を解くという作業をすることで、試験力がつき、合格する可能性がぐんと上がります。

はじめのうちはわからなくてもいい、ただ問題を解いて、解いた問題については覚えていくんです。
それだけで成績は全然違ってくると思います。
コツとしては繰り返しです。
1度やったからと言って満足するのではなく、完全に覚えるまで繰り返します。

勉強をし続けるためのモチベーション

これらが実践できれば合格可能性は高いと言えますが、一番大きな問題は勉強過程です。
その勉強量が多ければ多いほど、モチベーションに左右される時期がくるでしょう。
またそういった難関試験や難関受験を突破するためには、ムラなく毎日勉強をコツコツ積み重ねていくことが大切!
ということでモチベーションを落とさないような工夫についても書いていきますね。

勉強日記をつける

勉強時間を記録したり、進捗度をメモしておくといいでしょう。
頑張れた日は嬉しくなりますし、頑張れなかった日は次の日頑張ろうと思えます。
また計画に加えて日記で振り返ることによって、さらにその計画が生きてきます。
個人的には勉強時間を記録しはじめると、なんとなくどれだけ自分が頑張れたかどうかの基準ができてくるので、一つのバロメーターとして使うことができました。

適切な勉強環境

勉強する環境ってとっても大事!
周りにライバルがいたほうがいい人、家で勉強したい人、逆に家では勉強したくない人なんかがいると思います。
家にいるとだらけちゃうという人は、頑張ってそこを修正しってみましょう。自習室や学校に行って、だらけることができない環境を作ります。
また私はライバルがいると気持ちがブレてしまう気がしてなんだか嫌なんです。
だからあまり周りには受験友達を作らず、遊ぶときは全然違う環境にいる友達と会うようにしていました。
もちろん友達と切磋琢磨するほうが燃えるって人も居ますし、これは本当に個人差があるので、自分にあった勉強環境を見極めて作るということも大事です!

勉強はしんどいけどいいものだ

以上私の勉強必勝法でした。
当たり前のことですが、これを実践するのが難しい!
しかし頑張った先にはいいこともあるはずです。
くじけそうなときがあるのは誰でも同じ。
前を向いて、少しの工夫を凝らして頑張っていきましょう。

 

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。