願望の画像

こんにちは!
今日のテーマは心理学です。
心理学って日常的にも応用ができて、なんとなくみんなが興味を持っている分野だと思います。
人間関係を良好に築き上げたい、感情の浮き沈みを無くしたいなど心理学って色々な悩みを解決してくれそうです。
学問として勉強するのは難しいかもしれませんが、簡単なものなら日常的に取り入れていくことができると思います。
今日は日常的に使える心理学をまとめてみましたので、当てはまるものがあれば、ぜひチャレンジしてみてください。

恋愛×心理学

恋愛って最も心理学を連想しやすい部分だと思います。
恋愛で積極的に心理学を使っていきましょう!

ただ褒めるだけじゃだめ!

恋愛で相手を褒めるということは、大事ですよね!
恋愛に限らず、人間関係を築く上で相手を褒めるということは超重要です。

褒める画像

しかし今日はもう一歩上の心理学を使いましょう。
相手を褒めるときだいたいは見た目から連想させる雰囲気や、会話で得た情報を元に褒めると思います。
それは誰でもできることです。
そうではなく、相手の二面性を探ってそこを褒めるほうがより効果的なんです。
例えば見た目が派手で、一見家庭的に見えなさそうな女子に対して、「実は家事とかできそうでいいお母さんになりそうだよね」とほめてみたり。
周りの人からよく言われることではなく、自分の違った一面を見てくれていると思わせることで、他人と一歩差をつけることができます。

連絡から相手の心を探る

恋愛において連絡って大事ですよね。
連絡の頻度も大事ですし、内容やちょっとの変化も気になったりします。

連絡の画像

そんなときに使える心理学です。
連絡ではその内容って、相手の気持ちが出ているようで、気分や都合もあって読み取ることは難しいです。
だからこそ安易に判断することは危険。
逆に相手のメッセージにポジティブな言葉、ネガティブな言葉が入っているかどうかに注目してみてください。
ポジティブな言葉とは、例えば相手が読書が好きなら「本」とかです。
気持ちを表している言葉ではなく、相手の行動や日常から、ポジティブなときに使う言葉やキーワードを探って、それを連絡でも感じ取ってみてくださいね!
連絡の一言一句で気持ちを左右されていては恋愛はできませんよ。

仕事×心理学

仕事って大きく気分を左右されるものですよね。
仕事面で使える心理学ってどんなことがあるのでしょうか。

スポンサードリンク

嫌な仕事のときは

仕事ってどうしても嫌なこともありますよね。
そういうとき朝憂鬱な気分になりがちです。
しかし朝一日の嫌なことを想像することって、心理学的に朝のダメな習慣の一つに入ります。
嫌な仕事がある日は、嫌なことが終わったら何か楽しいことをしようとか、その後に起こる楽しいことを想像します。
そうすることで、仕事の効率も上がりますし、1日がうまくいくそうです。

相手に舐められない

仕事上の相手で、舐められないことは大事です。
相手からこの人は頭が悪そうだ、と思われることはデメリットしかありません。
そんなとき使える心理学があります。

優秀の画像

それは相手の目をよく見ることです。
相手の目を見ることは、相手に頭がいい人という印象を植え付ける行動の一つになります。
大事な商談のときや、上司との会話中は、しっかりと相手の目を見ることを意識してみましょう!

メンタルコントロール

気持ちって自分でコントロールできないからこそ難しいものです。
しかし心理学で気分や気持ちをコントロールすることもできちゃいます!

願いを叶える

生きていく中で誰しも願い、希望、やりたいことってあると思います。

願望の画像

そういった願いを次々と叶えていったり、運を持っているなという人よくいませんか?
そういう人は自分とどう違うのでしょうか。

願いは叶うもの

願いや希望、やりたいことを次々と叶えていく人にはある法則があります。
それは自分で叶えられると思っているということです。
なんとなくこれって無理だろうなとか、曖昧に思い描いている人はその願望はあまり叶わない傾向にあります。
これは日常的に使えることで、大きな夢でなく、小さい出来事でも使うことができます。
例えばこのお店に行きたいとか、どんな人と知り合いたいとか、そういうことを具体的に思い浮かべて叶える自分を想像すると、願いを叶えやすくなるはず!

心理学を使って豊かな生活を

心理学って、日常の色々な部分で使えることがわかりましたね♪
恋愛から仕事まで様々です。
すぐにできるものばかりを今日は挙げてみましたので、ぜひ明日から使ってみてください。
実際に心理学を勉強しようと思うと、時間も体力も必要ですが、ちょっと知ってみようと興味を持つだけなら簡単にできておもしろいですよね。
私は、メンタリストのダイゴさんのユーチューブを見たり、心理学者のツイッターをフォローしたり、簡単に読める本を購入したりしています。
今日の記事を読んで、心理学に興味を持った人がいれば、ぜひそういう方法も活用してみてください。

スポンサードリンク