軽減税率の画像

みなさんこんにちは。
いきなりですが、みなさんは税に対して興味や知識はありますか?
日本は税金に対する興味が低い国だと言われています。
特にサラリーマンなど企業に勤めている人は、実際に自分の税金を計算する場面も少なく、税の重要性について考える機会も少ないと思います。
しかし税について知っておくだけで得したり、他の分野でも役立つということが多々あります。
今日はみなさんの実生活にも役立つような身近な税の知識をまとめてみます。
知らなかったではすまされない世の中なので、これをいい機会に税について興味をもってみましょう!

2019年から消費税が10%へ

2019年10月から消費税が8%から10%に引き上げられることはみなさんご存知ですか?
消費税は誰しもが関わったことがある、最も身近な税金の一つだと思います。
そんな消費税が2%も引き上げられてしまいます。

軽減税率に注目

2%も消費税が引き上げられるということでいろいろな意見があると思います。
しかし今回の増税は単純に2%消費税が引きあがるだけではなく、「軽減税率」という制度が設けられる予定です。
軽減税率とは、特定の商品の消費税率を一般的な消費税率より低く設定するルールです。

軽減税率の画像

国税庁の発表によると、酒類を除く食品表示法に規定されている飲食料品と週2回以上発行されている新聞は軽減税率の対象になり、消費税8%に据え置かれます。
一方で、酒類、外食、ケータリングの食事などについては軽減税率の対象とならず、消費税率10%が適用されます。
そのためスーパーマーケットなどの場合、消費税が8%のものと10%のものが同時に並ぶということです。
国民の負担を軽減するようにも見えますが、ややこしそうな制度です。
いずれかは全商品を10%一律消費税になる予定ですが、今のところ期間は未定とのこと。
少しややこしい制度だからこそ、今頭に入れて置いてほしいです。

軽減税率のややこしさ

軽減税率のややこしいところは使い分けです。
例えばコンビニなどで弁当を買って、オフィスで食べる場合は消費税は8%になります。
しかしコンビニのイートインスペースでそれを食べた場合、外食扱いになるので消費税は10%です。
これって非常にややこしくないですか?
どのように対応していくのかはいまだにわからないところが多いですが、例えばレジで食べる場所をわざわざ聞かなければいけません。
マクドナルドなどのファーストフード店も持ち帰り以外は消費税が10%扱いになります。
例えばレジでは持ち帰ると言って、あとから店内で食べる行為なども考えられます。
このように考えれば考えるほどややこしい軽減税率。

スポンサードリンク

反対or賛成

こんな軽減税率制度ですが、色々な意見が飛び交っているようです。
反対派の意見としては、やっぱりややこしいということ。
手間がかかるし、もう一律でいいじゃないかとの意見も納得できます。
賛成派としては、他国でもこういった制度を導入している事例はあるし、少しでも軽減されるのであればありがたい。などです。
みなさんはどんな意見を持ちますか?
どちらにしても、今の日本の財政状態から、このままの消費税率では国が持たないということがわかっています。
その根本的問題にも着目しつつ、政府には国民にとって最善の選択をしてほしいですね。

国際観光旅客税の導入

2019年1月から国際観光旅客税という新しい税が導入されます。
2019年1月7日以後、船舶または航空機によって日本から出国する旅客から、出国1回につき1,000円の国際観光旅客税が、チケット代金に上乗せして徴収されるという内容。

旅行の画像

アメリカ、オーストラリア、韓国などの諸外国ではすでに導入されている税制度だそうです。
旅行の費用って最低でも数万円するものが多いので、そのうちの1000円ってちっぽけだなと感じるかもしれません。
しかしこの事実を知り、こういう仕組みで税金として徴収されているんだと理解しておくことが重要だと思います。
今この事実を知らなければ、今までと変わらない状態で旅行に行くでしょう。
しかしたった1000円ですが税金として納められている、それをどう考えますか?
このように税金ってあらゆるところで発生し、私たちの生活に影響を与えているんです。

税について興味を持とう

今日は特に知っておいてほしい税の知識を紹介しました。
税金って私たちがしっかり勉強して、理解しておかないと、知らず知らずのうちに徴収されています。
同じように税金を納めるにしても、税金の使い道や、どういった場面でどれくらい徴収されるのかなどの知識があると、お金についての考え方も変わってくると思います。
今日はみなさんの身近に発生するような税について書いてみましたが、これをきっかけに、色々な税金について興味を持ってもらえればと思います。
みなさんの大事なお金ですので、しっかりと考えていきましょう!

スポンサードリンク