友達の画像

学生の人も、社会に出てからも人間関係ってやっぱり大事!
嫌な人もいれば、こんな素晴らしい人に出会えてうれしいと思ったり、人間関係は私たちの生活を色々な方向に導きます。
ともあれ人間関係は良好につきますよね。
周りともめる、嫌な人がいる、ストレスを感じるなどどれも経験したくありません。
しかしこれらの問題、あなたの行動次第で解決できることがほとんどなんです。
そのために大事になってくるのが愛嬌です。
今日は愛嬌を生かして、良好な人間関係を築いていくためのヒントを紹介します。

最低満たすべき要素

愛嬌がある人、話しかけやすい人、やわらかい印象の人は周りの人から好かれます。
気が使えて、やさしくて、空気も読めるなど完璧を目指すわけではありません。
今から挙げる要素さえ揃っていれば、誰でも好かれる人に近づけます。

1.適度な自信

適度な自信は必要です。
例えば仕事で成功した経験や表彰されたなど事実は要りません。
誰しも得意なこと、不得意なことがあって当たり前です。
欠点も含め、それが自分なんだと自分らしさを誇りに思い、そして謙虚でいることを意識してみてください。
周りと比べるのではなく、ありのままの自分をひとまず受け入れます。

2.さっぱり感

ねちねちとした性格の人はだめです。
さっぱり感とは怒る、拗ねる、黙り込むとは対極にある感じ。

3.ストレスに強い

ストレスに弱すぎてはだめ。
周りに気を使わせないほどは強くあるべきです。
また何事も人のせいにすると自分がしんどくなります。
基本的に前向きに、自責の精神を持ってみてください。

愛嬌を身に着けるためのヒント

3つの要素が揃っていれば、第一段階はクリアです。
社会で受け入れられる愛嬌力をつけるために、さらにどうすればいいでしょうか?
愛嬌とは常に笑顔でいることではありません。
愛嬌のある人になるためには、それ相応の精神が必要です。

自分にリミッターを付けない

バランスのいい自己認識が大事です。
自己愛が過ぎると嫌われてしまいますし、逆に自信がなさすぎても好感は持てないですよね。
弱点も含め自分らしさを受け入れます。
そして魅力にリミッターはつけない、この意識を持ってみてください。

自分らしさを発揮

自分らしさを持っている人は、好かれやすいです。
自分なんて魅力がないと思っている人は、周りの人に聞いてみましょう。

友達の画像

スポンサードリンク

友達や家族ならきっとあなたの魅力をこたえてくれるはず。
褒められ上手になりましょう。
実際に聞くのは恥ずかしいかもしれませんが、意識して活用してみると、自分の新たな一面が見えて、自信がつくかもしれません。

場の空気を読む

好かれる人はみな場の空気が読めるという特徴があります。
自分は空気が読めないなと思う人は、空気が読める人になるために訓練しましょう。
集団のなかにいるとき、自分がどう見えているのか一度客観ししてみます。
また芸能人の立ち振る舞いをまねしてみるのもいいですね。
空気を読むとは、メンバー一人一人の心理ニーズを理解していること、上下関係に配慮できること、時間を最適に使えること、タブーを避けること、相違点と共通点を把握することなどがあげられます。
今自分はどういう発言するべきなのか、憧れの芸能人ならどういう振る舞いをするかなと考えながら行動するだけで、全然違います。

さらに相手の心を惹きつける

ここまできたらあなたの愛嬌力はかなり高いです。
さらに人の心を引き付けるような人物になれるようにできることもあります。

相手の言葉を素直に受け止める

これって意外に難しいんです。
まず好意や賞賛を否定しないでください。
お世辞なのかなとかネガティブな感情は不要で、とんでもないですというのもあまりよくないです。
またこれも難しいですが、批判に対しても素直に受け止めるように意識します。
自分のことをあれこれ言われるとむっとしますよね。
知らないくせにといじけてしまうかもしれません。
しかし相手の言葉をまずは素直に受け止めてみます。
そうすることで新しいことに気づけたり、さらに魅力的な人に近づけます。

自分の言動に自信を持つ

自分の言動に自信がある人は、人を惹きつけます。
例えば何か自分の意見をいうとき、前置きが長くなっていませんか?
「~かもしれませんが」などの前置きを付けてしまうと一気に自信がないように感じてしまいます。

愛嬌力が日常を豊かにする

いろいろな感情を生む人間関係。
ちょっと愛嬌力を鍛えるだけで、こんなにも違うんだと新しい世界が見えてくるかもしれません。
この記事を読んでハッとすることも多いでしょう。
無意識のうちに、ネガティブな言葉を使っていたり、自信があるようでなかったり、人の言葉の受け入れ方だったり、人間は自分の性格に行動や考えに慣れてしまっています。
そのままの思考や行動を続けるのは楽ですが、一度変化を持たせてみるように努力すると、さらに輝いた自分に近づけるはずです。
積極的に自分を磨き、社会でも活躍できる人物を目指しませんか?

スポンサードリンク