睡眠の画像

こんにちは。
人間にとって、睡眠って絶対に必要なことです。
睡眠がきちんととれていないと、日々エネルギーがわかない、頑張れない、すぐに風邪をひくなどいいことなしです。
仕事や勉強が忙しくて睡眠時間を削ってしまっている人、本当にそれでいいのでしょうか?
また睡眠は時間だけでなく、効率の良し悪しもあります。
いま睡眠に関して色々と情報が流れている中、本当に正しい睡眠をあなたはできていますか?

睡眠に関するちょっと意外な知識

世の中には睡眠に関する知識が色々と出回っています。
睡眠時間に関する話や、昼寝についてなどいろいろ聞きますよね。
あなたが知っている情報は本当に正しいものでしょうか?
ご自身の睡眠を見つめなおしてみてください。

睡眠時間は8時間必要は嘘

睡眠時間についてはいろいろと言われていますよね。
8時間以上眠るのがいいとか、6時間以上寝ていないと寿命が縮むだとか。

睡眠の画像

実は正しいのは、みんながみんな8時間睡眠が必要なわけではないということです。
実は必要な睡眠時間は年齢によって変わります。
人間は年をとるとともに、睡眠時間が短くなるんです。
だからみんなが何時間以上寝なければいけないという情報は嘘になります。

ゴールデンタイムに成長ホルモンが分泌される?!

これもよく聞く話だと思います。
だいたい23:00~2:00の間は成長ホルモンが分泌されるから寝ておいたほうがいいという情報聞いたことがありませんか?
実はこれも正しくない情報です。
正確には成長ホルモンは入眠から3時間後というのが真実です。
寝る時間は関係なく、まとまった睡眠時間を確保することのほうが大事なんです。

夜型は改善すべし?!

夜型はだめ、朝型に改善しようとよく聞きます。
実は夜型、朝型のいうのは存在していて、自分が朝に強いか夜に強いかというのもある程度決まっていることです。

朝の画像
ただむやみに夜型がダメだというわけではありません。
夜に作業ができる人は夜に起きていてもいいのです。
しかしやっぱり午前中起きて仕事をしないといけない人が大半です。
そういう人はどうやったら朝の生活に慣れることができるのか。
それは体内時計を調節することが大事です。
人間には体内時計の機能が備わってます。
朝の生活に体内時計を合わせるために、朝の8時くらいまでに、太陽の光を浴びるようにしてください。
そうすることで体内時計が調整され、夜しっかり眠れるからだに近づきます。
完全に朝型になるかといわれると難しいかもしれませんが、太陽光を浴びるという意識を持つことで色々と不調も改善されると思います。

スポンサードリンク

睡眠は質を高めるべし

睡眠に関する知識って間違っているものも多いんですね。
色々と睡眠について知れたところで、次は睡眠の質を高めることを推奨します。
質の高い睡眠はみなさんの活力になります。

寝だめはするな

普段忙しくて寝不足になりがち。
休日に一気に寝だめしてまた平日を短時間睡眠で乗り切るという人多いと思います。
しかしそれは危険です。
実は極端な寝だめはよくないといわれています。
それだけで睡眠リズムが崩れてしまいますし、それほど大きな効果もないんです。
普段の寝不足を解消したいなら、30分くらいの昼寝をお勧めします。

空腹で寝ない

寝るときはできるだけ空腹を避けるようにしましょう。
満腹である必要はありません。
食べることで副交感神経が働き、リラックスして眠気が働きます。

眠れないときは…

みなさん眠れない夜ってありますよね。
明日朝早く起きなければいけないのに、昼間寝すぎて寝れないなど。
そういうときは眠れなくても横になって休んでおいたほうがいいと思ってしまいがちですが、それは違います。
15分眠れないときは、一度寝室を出るようにしましょう。
布団に入っているのに眠れないという記憶が定着してしまい、条件付けを起こすようになってしまいます。
しばらく寝れないときは、潔く場所を変えて眠くなるまで違うことをしてみてください。

メジャースリープ

睡眠の一連のリズム構造はメジャースリープと言われており、5~6時間以上ある程度まとまった睡眠をとらなければこれが維持できません。
つまり短時間睡眠プラス昼寝で乗り切ろうとしている人は、睡眠の効果を享受できないんです。
睡眠の効果とは例えば記憶する、免疫力を高める、疲労回復などです。

正しい睡眠で、日中を元気に過ごそう

今日は正しい睡眠の知識について紹介しました。
正しいと思ってやっていることも、実は間違えていることもあります。
特に睡眠時間や、昼寝についてなど今まで間違えた睡眠をしていた人も多いんじゃないでしょうか?
人間にとって睡眠は絶対に必要なものです。
どれだけ忙しくても睡眠を削ることは、長い目で見るとよくないことばかり。
日々効率の良い睡眠をとって、元気に活動できるように、正しい知識をつけていきましょう。
睡眠に関する知識はまだまだ紹介したいことがたくさんありますので、またこのブログでも紹介したいと思います。

スポンサードリンク