飲み物の画像

みなさんこんにちは。
本日は最近よく聞く糖質制限について考えていきたいと思います。
ライザップの糖質制限ダイエットの広告などから影響が広まり、糖質制限というワードは世の中に浸透しつつあります。
このブームに乗っかって糖質を制限して痩せようと考える人もいれば、糖質制限は意味がないむしろ良くないと訴えるトレーナーもいます。
色々な意見がありますが、本日は「医者が教える食事術」という本に書いてある糖質のお話をみなさんにもシェアしたいと思います。
この事実を知ってどう行動するかはあなた次第です。

人体にとって最強の食事とは?

食事は人間にとって非常に重要なもの。
見た目の美しさも、日々の体調も、病気についても食事次第で変わってきます。
健康で、美しく、人間らしくあるための食事とはどういうものなのでしょうか?

いかにも健康に良さそうなものが不調をつくる

意外なことに私たちの不調の原因を作っているのは、一見体に良さそうなものばかりです。
例えばウイダーインゼリー、デカビタなど栄養系のドリンク。

飲み物の画像
そう甘い飲み物は私たちの体にとって毒なのです。

血糖値が健康管理のカギ

なぜこういった甘い飲み物がダメなのかというと
血糖値を急激に上げてしまうからなんです。
そもそも私たちの健康のカギは血糖値が握っています。
血糖値が上がると肥満になり病気になります。
私たちが普段おいしいと思って食べるものは、血糖値をあえて上げることでおいしく見せかけているのです。
血糖値が急激に上がると悪いことは肥満や病気だけではなく、集中力が続かなくなったり、眠くなっりすることも挙げられます。
日ごろから血糖値をコントロールすることで、私たちの日常は劇的に変わるんです。

医学的に正しい食べ方

それでは医学的に正しい、血糖値をコントロールした食べ方はどのようなものなのでしょうか。
ポイントをまとめていきます。

スポンサードリンク

食べる画像
①糖質が唯一の太る原因
②カロリーと肥満は関係ない
③脂肪を摂取しても太らない
④プロテインやアミノ酸は腎臓を壊す
⑤ちょこちょこ食べる方が太らない
⑥果物は太る
⑦発がん性が疑われているものは食べない
⑧運動するなら食後すぐに
意外な事実も多かったかもしれません。
太るのはカロリーは関係なく、また脂肪も関係ないということ、
逆に言うと糖質の摂取のみが太る原因なんですね。
これにはびっくりする人も多いと思います。
脂肪は食べすぎると便として出てしまいますが、糖質は100パーセント吸収されるそうです。
特にダイエットを意識している人は、カロリー計算だけではなく栄養素もしっかり見直したほうが良さそうです。
糖質関連でいうと、果物は栄養素も高いので良しとしている方も多いかもしれませんが、糖質が大量に含まれるので太ります。
ちょこちょこ食べると血糖値の上昇が防げるので、間食も積極的にしていこうということですね。
一気にすべて実行するのは難しいかもしれませんが、徐々に最強の食事に近づけていきましょう。

痩せる食事術

さらに踏み込んで痩せるための食事について考えていきましょう。
まず大前提として痩せるには食事が9割を占めると考えてください。
運動だけで痩せようとするのは間違いです。

糖質量を制限する

痩せるためには1日に摂取する糖質量を制限する必要があります。
具体的には一日に60グラム程度に抑えることができれば、理想でしょう。
だいたい110グラムほどだと現状維持というところでしょうか。
今までまったく糖質量を考えてこなかった人は一度計算してみてください。
自分が摂取している糖質量に驚くことでしょう。
どういうものが糖質を多く含むのか、糖質が少ない食品はなんなのか、そういう知識をどんどんつけていきましょう。

人体を壊す糖質

糖質の中でも種類があって、避けるべきものから避けていくのがいいです。
なんといっても一番ダメな糖質が清涼飲料水です。
水分から糖質を摂取してしますと、吸収速度が速いので血糖値が急激にあがります。
まずはジュースなど清涼飲料水は徹底的に断ちましょう。
またジュースだけでなく缶コーヒーなども糖質がたくさん含まれているので注意です。

次に注意したい糖質がお菓子です。
これはわかりやすいですね。

その次に果物です。
果物はビタミン類が含まれている分マシになってきますが、やっぱり糖質が多いので避けたほうがいいです。
摂取するなら朝に少量。

次は白米やうどんなど白い炭水化物。
最後に玄米やイモ類が一番マシな糖質です。
糖質を摂取するにしても内容にこだわることができれば、痩せることも難しくありません。

糖質とうまく付き合っていこう

本日は糖質制限についてまとめてみました。
糖質の摂取が肥満を起こし、結果的に病気になる。
日ごろの食生活次第であなたの人生は変わるんですね。
糖質制限については色々と意見がありますが、コントロールすることでこれだけメリットがあるんです。
特に今なにも考えず食事をしているという人は、まず自分の食事を知るというところからはじめてみましょう。
色々なところから気になってくると思います。
血糖値をコントロールして、健康的な人生を手に入れませんか?

 

 

スポンサードリンク