脳の画像

こんにちは。
本日は記憶に関する記事をお届けします。
記憶といえば、特に学生の方には切っても切り離せない分野ではないでしょうか。
そう、テスト勉強に暗記は必須です。
受験や資格勉強、また社会人になっても暗記しなければならないという場面はたくさんあると思います。
今日はそんな暗記に役立つような記憶に関する知識をみなさまにお届けしていきます。
実はみなさんがやっている記憶法は間違ったものかもしれません。
正しい記憶に関するメカニズムや暗記法を知って、日常生活に役立てましょう。

記憶のメカニズム

うまく「記憶」したいのであれば、記憶の仕組みについて知ることは避けて通れないことでしょう。
まず具体的な記憶術を知る前に、記憶のメカニズムについてさぐっていきます。

脳の画像

記憶の過程

記憶には過程があり、これを理解することは非常に重要です。
記憶といったらとにかく覚えるという行為を思い浮かべがちですが、記憶は
①記銘
②保持
③想起
の3段階にわかれます。
記銘は心に刻み付けるという意味を持っています。
覚えるということと同義だと思ってもらって大丈夫です。
記憶といったら覚えたら終わりだと思われがちですがここからが重要です。
次に保持という作業に入ります。
保持は覚えた情報を貯蔵すること。
最後に想起という段階があります。
保持された情報を思い出すというところにあたります。
つまり何かを考え、思い出すにはこの3段階をへる必要があるということです。
言い換えるとこの3つの段階の1つでもうまく機能しなければ、情報を思い出すことはできません。
記憶=覚えるということではなく、覚えて貯蔵して思い出すというところまで1つのセットになっているのです。

忘却について

記憶されていたこと、あるいは記憶されていたはずのことが想起できなくなる現象を忘却と言います。
この忘却が望ましくない場面もありますよね。
試験の時に覚えていたはずのことが出てこなかったり、仕事の手順を忘れてしまったり。
記憶力を高めたければ、この忘却に対処することがキーになってきます。
記憶の過程の中で、記銘、保持、想起の3段階のうち一つでも欠けると記憶ではないという話を先ほどしました。
その中でも記銘に失敗するパターンが未記憶というもので、よくある忘却のパターンです。
例えば今日の朝食を思い出せないという場面が多々あると思いますが、これは未記憶の1つです。
保持の段階が原因で忘却が起こることもあります。
これを記憶の減衰と言い、時間の経過とともに想起できる情報がへってしまうのです。
最後に想起がうまくいかないというパターンももちろんあります。
試験ぎりぎりまでしっかり記銘し、忘れずに覚えていたのに本番になると全然別のことしか思い出せないという場面が想起の失敗にあたります。
これを記憶の干渉と呼びます。

スポンサードリンク

忘却について述べるときには、エビングハウスの記憶実験というものに触れておくべきでしょう。
これは任意のアルファベット3文字を並べて作った意味のない音節を空く数覚えて、それが時間の経過とともにどれだけ忘れられるかを記憶するという実験です。

アルファベット
この実験の結果によると
20分後:42パーセント
1時間後:56パーセント
1日後:74パーセント
1週間後:77パーセント
1か月度:79パーセント
時間の経過とともに以上のような割合で無意味な綴りは忘れられていきました。
この実験からわかることが、覚えた直後は急激に忘れるが、時間がたつほど忘れにくくなるということです。
1日たっても覚えていた情報はその後時間がたってもその大部分を覚えていられます。
1週間後にも覚えていた情報にいたっては1か月たってもそのほとんどを忘れずに覚えています。
この仕組みを生かして記憶していけばいいのです。

記憶の原則

記憶の仕組みがわかったところで、効率的に記憶するために必ず守らなければいけない原則について説明します。

注意を向ける

まず記憶の原則の一つとして「注意を向ける」ということがあります。
例えば朝食のメニューを覚えていない理由は注意を向けていなかったためです。
ここでどうやって注意を向けるのかという疑問が浮かぶかもしれません。
その答えはある情報を意識の中で操作すれば、その情報に対して注意を向けたということになります。
つまり注意を向けたい情報は、頭の中で操作してやるのです。
例えば頭のなかでそらんじてみたり、口に出したり、イメージを思い浮かべるなどです。

想起練習

注意を向けた情報は短期記憶に入り、はじめの段階をクリアできます。
それではそこから長期記憶に移行させずっと忘れないようにするにはどうすればいいのでしょうか。
それは繰り返し思い出すこと、つまり想起練習をすることです。
先ほど紹介した実験結果からもわかるように一定の時間をおいて思い出すという作業を繰り返すことで、長期的な記憶を形成することができます。
その想起する時間というのも非常に大事で、まず5秒後に思い出せたら次はより長い間隔をあけて思い出します。
それでも思い出せたらまた時間をあけて思い出します。
これを繰り返すのです。
先ほどの実験に倣って、数秒後に複数回思い出し、次に数分以内、次に一時間後、次に1日後、次に1か月後というのが一番効率のいい覚え方です。
今まで間違って想起練習をしていた方多いのではないでしょうか?

記憶について知れば記憶はできる

多くの人が苦手とする暗記。
実は記憶の仕組みを知らなかったがため、失敗していたケースが多いのです。
今日知った記憶のメカニズムを生かしてぜひ、今後の勉強や社会人生活に生かしていってください。

スポンサードリンク