フルーツの画像

世の中は空前のタピオカブーム。
特に2019年に入ってからは続々とタピオカ店がオープンして、情報も追い付かない状況です。
1週間たつとまた全然違ったお店ができていて、びっくりしますよね。
休日は何時間も並ぶお店があったり、味も違ったりするので今タピオカブームに乗りたい人は今から紹介するタピオカ攻略法をぜひ見ていってください。
味の違いやお店の感じを詳細に書いていきますよ♪

心斎橋エリア

心斎橋エリアはタピオカの聖地。
かなりのタピオカ店がひしめいているので、タピオカ初心者はこのエリアから攻略していきましょう。
きっと好みのタピオカ屋が見つかるはず。

ノナラパール

タピオカ:もちもち大粒黒糖系
ドリンク:定番種類は網羅
雰囲気:特に若い女性が多い
行列:平日昼間なら5分くらいで

ピンクと猫がかわいらしいお店。
かわいい雰囲気なので特に若い女性が多いように思いますが、実は台湾からやってきた本格タピオカなので味は間違いないです。
個人的に全体的なおいしさとしてはかなり上位。
タピオカは生タピオカで熱々です。
冷たいドリンクとタピオカのあったかさがいい感じにマッチしています。
黒糖系のタピオカなら黒糖タピオカミルクが定番のメニューだと思います。
黒糖とミルクがうまく混ざり合っていないところも多いですが、ここはいい塩梅で混ざり合っていて、とってもおいしい。
黒糖系を飲むならノナラパールといっても過言ではないかも。
作業もスムーズなので待ち時間もさほどイライラせずすぐに順番がきます。
休日の昼間はかなり混むと思いますので、遅めの時間や平日の日中をおすすめします。

fruits&

タピオカ:もちもち黒糖系
ドリンク:フルーツ系多め
雰囲気:かわいいけど落ち着きもあり
行列:休日でも並ばない

ここも台湾から来た黒糖タピオカのお店で、かわいらしいキャラクターがお迎えしてくれます。
ノナラパールのほうが、派手で若いイメージですね。

フルーツの画像
ここは水色を基調とした落ち着いた店内です。
長堀橋のあたりにひっそりとあるので、行列がないのがメリット。
私は休日の昼間に行きましたが、全然並んでいませんでした。
台湾人の店主がタピオカを作ってくれます。
店内も軽く座れるスペースがあって、スタンドというよりすこしゆっくりもできちゃう感じです。
頼んだのは黒糖ラテ。
ノナラパールと一緒で黒糖系のタピオカとミルクを合わせています。
ドリンクは個人的にノナラパールの圧勝でした。
黒糖が薄めでミルク感が強いなぁというイメージ。
ここはフルーツ系が押しのようなので、フルーツ系を頼んでみるといいかも。

スポンサードリンク

なんばエリア

なんばエリアもタピオカ店がかなりひしめいていますよね。
海外からきたタピオカ店からオリジナルのところまで色々あります。

この世界観

タピオカ:固め黒糖系
ドリンク:チーズティー
雰囲気:独特のかわいさ
行列:休日でもまだ並ばない

最近はやりのチーズティー系タピオカドリンクが楽しめるお店。

チーズの画像
この世界観という名前からもわかるように、ちょっと独特の雰囲気でかわいらいいところが魅力です。
3月にできたお店で、休日もさほど並ばずに買うことができます。
小さいスタンド形式なので、飲み歩きしたいときにおすすめ。
肝心のドリンクですが私はここでチーズティーを飲んではまってしまいました。
チーズミルクはチーズケーキみたいにスイーツ感覚で飲むことができます。
甘いんだけど甘すぎない絶妙なところで、少し固めの黒糖タピオカと絶妙にマッチしていますね。
チーズティーでも色々な種類があるので、いろいろ飲んでみたくなりますよね。
チーズティーは層になっていて、各層を楽しむのはもちろん混ぜると味が変わったり、黒糖のタピオカと一緒に飲むと味がまた変わったり。
変化を楽しめるタピオカ店です。

梅田エリア

梅田エリアも2019年に入って続々とタピオカ店が進出してきました。
世界的に有名なタピオカ店が多い印象です。

羊一茶

タピオカ:普通サイズ柔らかめ
ドリンク:焦がしドリンク
雰囲気:若すぎない
行列:少し並ぶ

東通りに新しくできた羊一茶。
梅田の東通りに位置するということで、多くの人が行きやすいと思います。
ここは焦がし系のドリンクがある珍しいお店です。
例えば私は焦がしウーロンというものを頼みました。
タピオカドリンクの上に砂糖などを乗せ、目の前で焦がしてくれます。
そのときに良い香りがふわぁっと広がり食欲そそる!
ドリンクは常に試行錯誤しているそうで、人気のものは改良しつつ、人気がないものは新しいものにどんどん変更していくんだそうです。
新しいドリンクがたくさん飲めそうですね。
雰囲気は小さいスタンドなので、サラリーマンやおじさんおばさんも多かったイメージです。
おしゃれすぎないので色々な人が利用しやすいと思います。
夜でも5~10分くらい並びました。
少しの行列は覚悟しておいたほうがいいかも。

大阪タピオカマスター

今日は大阪のタピオカ情報をいくつか紹介しました。
いかがでしたか?
同じタピオカといっても店舗ごとに全然違うということがわかっていただけたでしょうか。
味や雰囲気、ドリンクの内容などいろいろな視点からお気に入りのタピオカを見つけてみてください。

スポンサードリンク