オリーブオイルの画像

健康意識が高まる世の中。
情報の量も多いので、もちろん間違った情報、正しい情報色々あります。
みなさんは色々な知識を得すぎて余計なことを知ってしまっていることありませんか?
特に食事に関しては様々な情報であふれかえっています。
これを食べたら痩せる、こんな食材は食べないほうがいいなど。。
情報にあふれかえった世の中だからこそこのブログでなるべく正しいそして健康的な食事の知識を提供していこうと思います。

正しい情報を選択するとは?

そもそも正しい、信頼できる情報ってどこにあるのでしょうか。
最近だと
「医師が書いた~」
「管理栄養士が勧める~」
など資格を持っている人の書籍や情報をよく見かけます。

医師の画像
確かにこういった資格を持っている人の意見はって信じたくなりますよね。
ただ正しい情報と資格の有無は関係ないといってもいいと思います。
それに対して今日紹介する内容は、健康になるという観点においてもっとも正解に近いことを書いているといえます。
なぜなら一個人の結果ではなく、膨大な研究とエビデンス結果から導かれた事実だからです。
いくら素晴らしい資格をもった人の意見だからといって、その意見の出どころや調査内容が信頼できなければその情報は正しいとは言えないんです。
それでは健康的な食事について具体的な内容をみていきましょう。

日本人が勘違いしがちな健康常識

まずは日本人が勘違いしがちな健康常識についてです。
健康にいい食品や悪い食品などいろいろと言われていますが、実際に膨大な研究とエビデンス結果からわかった事実をお伝えします。

本当に健康にいい5つの食品

まずはみなさんも気になるであろう本当に健康にいい食品をご紹介。
①魚
②野菜と果物
③茶色い炭水化物
④オリーブオイル
⑤ナッツ

健康にいいとされている食品は以上の5つです。
みなさんの予想とは違っていましたか?

健康に悪い食品

続いて健康に悪い食品です。

①赤い肉
②白い炭水化物
③バターなどの飽和脂肪酸

いかがでしょう。
意外なのは②の白い炭水化物ではないでしょうか。
例えば白いごはん。
糖質制限ブームで食べないほうがいいといわれたり、ごはんはしっかり食べましょうという意見があったりしますが、白いごはんは健康面からいうと体に悪い食品だということがわかっています。

スポンサードリンク

成分重視?

健康意識が高まる中で成分についての意見が多いです。
タンパク質はどれくらい、糖質は制限しようなどです。
これも実は大きな勘違いの1つ。
食品に含まれる成分に惑わされるな!というのが真実です。
成分は多くの消費者を引き付けるためのマーケティングとして利用された
本当に大事なのは成分ではなく食品です。
成分重視で食生活を考えるのではなく、どの食材を食べようという風に考えるのがベター。
先ほど紹介した体にいい食品と悪い食品を参考にしてみてください。

体にいいと科学的根拠がある食べ物

先ほど紹介した体にいい食品について掘り下げていきましょう。
まずオリーブオイルやナッツは脳卒中やがんのリスクを下げるという根拠があります。

オリーブオイルの画像

この結果は地中海食の実験から得られました。
地中海食とは、イタリア、ギリシャ、スペインなどの地中海沿岸の国々の人が食べている伝統的な料理のことで、ナッツやオリーブオイルが多く取り入れられています。
研究の結果、この地中海食を食べ続けると病気のリスクが減るという結果がでました。

果物は糖尿病や心筋梗塞や脳卒中を予防することがわかっています。
魚は心筋梗塞や乳がんのリスクを下げます。
そして魚を多く食べる人の方が死亡するリスクが低いことがわかりました。
同時に成分ではなく食品が重要だということもわかっています。

体にわるいという科学的根拠がある食べ物

続いて体に悪いという食品についてです。

まず気になるのが白い炭水化物について。
多くの人は食べすぎるのはだめだけど、適量を摂取する必要があると思っています。
ただそれは間違いで、少なければ少ないほどいいのです。
白い炭水化物にくらべ、茶色い炭水化物は死亡率を下げ、がんにかかるリスクも低くなります。

続いて赤い肉です。
例えば牛肉、豚肉、ハム、ソーセージは体に悪いという結果になりました。
加工肉はガン性があり、赤い肉はおそらくガン性があるという結果です。
加工肉についてはかなり言われているので知っている人も多いと思いますが、牛肉については良しと思って食べていた人もいるはずです。
加工肉を食べる量が増えるほど、全死亡率、脳卒中や心筋梗塞など動脈硬化による死亡率、がんによる死亡率がいずれも上がることがわかっています。

食品を選択して健康的な食事を

以上本当に健康な食事をするための方法をまとめてみました。
この内容は「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」という書籍を参考にしているので、気になった方はぜひ読んでみてください。
詳しい研究内容や根拠を読むとかなり納得できます。
今まで正しいと思っていたことが間違っていたときほど怖いことはありません。
なるべく自分で正しい知識を得られるよう、情報に惑わされないことが大事ですね。

スポンサードリンク